忍者ブログ
日常のことをつらつらと。眠くなりそうななんでもないことをつらつらと。
16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 いわゆる掲示板としてご利用いただければ。
 なお、もちろん通常のエントリーへのコメントもOKです。

 お気軽に書き込みどうぞ。(ぺこり)
 ※文字装飾はできません。あしからず。
PR
COMMENT
NAME
MAIL
URL
COMMENT
PASS secret
コメントテスト
2006/03/12 16:24 彩羽こうと URL EDIT
ブログ始めました☆

ということでコンニチワ。お久しぶりです。
サイトの代わりにブログなんてどうだろう☆ なんてノリで始めてみました。えっと、リンクはっつけちゃいます。今後ともよろしゅうに。

えっと。何日か前の日記ですが。福岡にいらっさる時は連絡ください。時間があればお相手しますよ(ニヤリ)

んでは。トラバがいまだに分からないままのあまきでした。
2006/05/28 10:11 あまき URL EDIT
おお~。お久しぶりです!
そして足跡帳初の利用者様!(笑)
コンニチハ、彩羽改め竹田です。下の名前は変わっておりませんが(何)

ブログ始められたんですねぇ。
うん、実は普通の日記よりもブログのほうが、覗くこっち側としても便利です。毎日じゃなくて、更新されたときだけアクセスできるから(ぁ

うん、福岡行くことになったらもしかしたらなーとは思っていたりです。
もともとのコンセプトはひとり旅、ではあったんですが。人恋しくもあります(笑)
あとは長期休暇を使うか、普通の連休で日帰りするか、そっちの問題です(ぁ

ではではー。今後ともよろしくお願いしますー!



PS.トラバは自分のブログで書いた話題が他のブログでも取り上げられていた時に、相手のトラバURLに向かって自分の記事のURLを送信することを言うのですよ☆(知ったかぶってみる)
2006/05/28 12:50 竹田 EDIT
承認機能テスト
2006/08/22 00:46 竹田 EDIT
ClubA&Cからきました。
神戸の人なのですね、神戸は何回かいったことがあります。
作品をいくつか読みました。スリィピィシィズをよみました。登場人物がよく表現されていたと思いました。ただ空白が多くて読みにくいのが残念でしたダウンロード版でなくともテキスト版でも空白がないタイプにしたほうが読む人にとっても煩わしさがなくていいのだと思いますが。
2007/04/13 23:33 K.S URL EDIT
おお、こんばんは、はじめまして~……ていうか書き込まれた時間の時、僕はA&Cの裏に潜んでましたが(笑)
管理人の竹田です。お越しくださってありがとうございます~……休止中の看板出しててスイマセン(げふん)

スリィピィシィズについて。
読んでいただきまして、どうもありがとうございます~。
ただ、空白、合いませんでしたか……スイマセン。あの手法は昔から意図的に使ってて、人をかなり選ぶやり方というのはわかっているつもりです。
あとダウンロード版についても、僕の好みでああなっている部分がありまして……詳しくは同梱の注意書きにあるのですが、窓の中の物語というテキストビューアである指定をして読んだ時にちょうどいい感じになるような調整をかけたもので……やっぱりまずかったみたいですね。
再調整、しておこうと思います。

改めて。
ご感想、どうもありがとうございました~(ぺこり)
2007/04/14 01:31 竹田 EDIT
こんばんは。
今日は「光」を読みました。
この作品は詩ですね。
詩でありながらどこか教訓的意味合いを持った作品だと思います。
イソップとかの物語に似た雰囲気すらも感じました。
ただ個人的には自己を真摯に受け取り、ありのままの姿でいたほうが幸せではなかったのではないかと思います。
2007/10/18 22:39 K.S EDIT
こんにちは、お久しぶりです~。(ぺこり)
光、というと掌編のほうですね。懐かしい……!(オイ)

基本的に、掌編のほうは殴り書きにも近いので、
ものによって表現がバラバラだったりしますが……。
(今読み返してみると内容以前に目が痛かった……!)

>自己を真摯に受け取り、ありのままの姿でいたほうが~
それを激しく受け入れられずに暴走した主人公の話だと思います。
欲しかったのは褒め言葉とか、自分にひれ伏す相手の姿だけというか。
でも結局、本当に欲しいものは手に入らなかったという……こんなところでしょうか。

ではでは。
ご感想、どうもありがとうございました~(ぺこり)
2007/10/21 13:42 竹田 EDIT
こんにちは~。
初めてお邪魔させていただきました。いつもチャットでお世話になっております、楠 瑞稀です!

チャットでうちの子と仲良くしてもらっている浩都くんと漂くん、いったいどういう子達なんだろうということが気になって、スリィピィシィズ読ませていただきました!
まだ本編の「みっつのかけら~」を読ませてもらっただけなのですが、いやぁ、漂くん強かったんですね。意外です。(おいっ)
浩都くんも可愛らしいですし、草那ちゃんも可愛かったです。そしてお姉さんのお料理はとても美味しそうです。(じゅるり)
彼らの物語をもっともっと読みたくなってしまいました。とっても面白かったです。続きもこれからぜひとも読ませていただきます!
またいつもの部屋で会った時には、仲良くしてやってくださいね。それではでは!
2007/10/28 18:26 楠 瑞稀 URL EDIT
おお、はじめまして!
書き込みありがとうございますー! 竹田です。
チャットではこちらこそお世話になってます~(ぺこり)。

しかしスリィピィシィズ……!
確かにあの話もキャラチャのヤツラに繋がっているとはいえ、作者的には懐かしい!(オイ)
そのころの漂はガチンコで強いのですよ、ええ。あの部屋だとまるでへなへなですが(笑)。
浩都と草那についても可愛いと言っていただけて嬉しいですが、その可愛さが曲者ですので気をつけてください(何)。

しかし「みっつのかけら」からスタートとなると、量は随分なものになると思いますが……!(げふん)
じっくりコトコトで構いませんので、でも読んでいただけたら嬉しいです(笑)。

それでは、足跡ありがとうございました~。
そして今後ともよろしくお願いします。ぺこり。
2007/10/29 21:32 竹田 EDIT
どもども、こーとさん、こんばんわなのですーっw
三家原ですーっw

先日はin大阪in南港でお疲れ様でしたのですーっw また機会がありましたら、遊びに行きましょうねーっw

ではでは、本日は手短ですがこの辺で。
またまたなのですーっw
2008/09/25 04:36 三家原 URL EDIT
びっくりした!
mixiばっかりでサイトのほう放置してたから、びっくりしましたよみけさん!(駄目管理人)

先日はお世話になりましたー。(ぺこり)
また機会がありましたらよろしくお願いします。
大阪を懐かしく思うことになろうとは思ってませんでした……気がつけば2年半も行ってなかったなんて!

ではまた~。
お言葉ありがとうございました!
2008/09/26 21:14 竹田 EDIT
URL転送サービスroo.tcが今年10月にオープンしました。
もしよろしければ、利用して頂ければと思い連絡しました。
アクセスカウンターもついてて、広告もなしの上
転送されるまでの時間も自分で設定可能と、
かなり自由で利用もしやすいかと思います。

よろしくお願いします。
2008/10/26 20:07 roo URL EDIT
お久しぶりです。
今回は【光】を拝読しました。
考え方を変えると悲しい話ですね。
自分を見返そうと思った行動が度を過ぎて仇になってしまう。
この話は度を過ぎてはいけないという教訓的な部分もある。さらに「独裁になる勿れ」とも読み取れる。
正に独裁の末は孤独ということだ。これは近隣国家の例がふさわしい。

考えさせる話でした
2009/03/29 21:20 K.S EDIT
感想どうもありがとうございます~。
……て、よく見たら以前にも同じ話に感想頂いてますね!
とはいえその感想の形が変わってるので、何度も読まれて意義があることだなあと思ってますが。

とはいえあまり教訓を提示したつもりの話でもなく、まさか近隣国家というものに結び付けられるとも思ってなかったので、いろいろドキドキしてますが!(笑)
それだけ強い何かをそちらに残すことになった、ということでしょうか。

よろしければまたお越しくださいませ!(ぺこり)
2009/04/01 18:52 竹田 EDIT
こんばんは。
竹田さんの短編はどれも読みやすいです
【反転的幻想投影欠片】を拝読しました。
タイトルそのままの話なのですね。面白いことにかけらを見て喜んだ人がいても持ち帰ろうとしない点でした。自分を励まされるある種のお守りだと思う人もいた朗にと思います、

同じような文章の繰り返しはリズムがあっていいです。
現世では平凡な人はかけらを見ても平凡なのですね。この場合もそれなりに違う姿が見れれば面白かったかなと感じました。

2009/04/01 22:18 K.S EDIT
おおん。毎度ありがとうございます!
タイトルはそのままです。漢字八文字というのが妙にしっくり来たような。
で、短編ということでそんなに深く考えてないので、持ち帰ろうとした人がいなかったというのは確かにツッコミどころですね……それをされるとそこで話が終わってしまうのですがw

プラスの反対はマイナス、マイナスの反対はプラス。
ならゼロの反対は同じゼロという、安易な発想でございます。
まあ、実際には人間の心と言うのはもっと複雑なものだとは思いますが。

ではでは。感想ありがとうございますー!
2009/04/04 14:32 竹田 EDIT
いつもお世話になっています。
カウンター32000番踏んじゃったぜ!ひゃっほう!
なんかキリ番を踏むの自体が久しぶりなもので、舞い上がって申告をしてみました。キリ番。言葉の響きがなつかしいです。
2009/05/09 12:00 みずさわ URL EDIT
ま、まさかのキリ番申告!
どうもありがとうございますー。
こちらこそいつもお世話になっております……しかし報告を頂けても、出せるものが何もないのが残念ですが!(おい)
またいつ動きがあるやらわからないですが……よろしくお願いします。(ぺこり)
2009/05/10 17:48 竹田 EDIT
こんばんは。
「スリィピィシィズ」を読みました。
どこか日常的な感じがしました。まだ読んだのは最初ですが、これから大きく進んでいくのでしょうね。
2010/03/28 19:16 K.S EDIT
TRACKBACK
TB URL
ブログ内検索
プロフィール
HN:竹田こうと(Sai)
年齢:34
性別:男性
誕生日:1982/12/08
自己紹介:
 メインジャンルは現代小説。他、面白そうなものにはわりとなんでも手を出してみる人。そのため特定の好みというのはあるようで上手く説明できない人。
 その日暮らしでも楽しくまったり生きることを夢見る人。
 詳しいプロフィールはコチラ
 最近はmixiをよく巡り回ってます。
Template by 小龍的徒話
JavaScript by Customize in Ninja Blog
忍者ブログ / [PR]