忍者ブログ
日常のことをつらつらと。眠くなりそうななんでもないことをつらつらと。
46 45 44 43 42 41 40 34 39 38 37
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 「キャラチャでも 確定ロールは イクナイです」

 あそこはルールの縛りとかは極力無いように、気楽に喋れるような場であってほしいなあ、とは思ったんですけども。
 けれど、どうしても考えてしまったことが、↑なのです。

 追記リンクの文章にもあるとおりですが、一時期PBC(Play By Chat)というものに参加していまして――ここでは詳しい説明は省きますが、まあキャラクターチャットを使ったストーリー物というか、学園が舞台だったら学園物とか、そんな感じです。

 で。
 参加する際、「A&Cで慣れたからまあなんとかなるだろー」と思ってたら、実際はぜんぜんそんなことなくて、まーいろいろと注意を受けまして。
 その中でも気をつけんといかんなーと思ったのが、確定ロールというやつで。

 キャラチャットの場合、動くのは自分ではなくキャラクターなので、チャット中、発言内容の中に「どういう行動を取ったか(歩く、走る、溜息をつくなど)」も合わせて書くことが結構あります。
 で、気をつけないといけないのはこの行動の中でも、他の人への働きかけの場合。

 意外とやってしまいがちなんだなあ、と後で思ったんですが。
 働きかけの中に、結果を断定系でひっくるめて書いてはいけません。
 これをやられると、相手の人がどうあがいても結果を受け入れるしかなくなるためです。たとえそれが不快感や不利益を被る行動でも。

 男が2人いました。それぞれAとBとします。
 ここで、Aの行動が↓のようなものだったりしたら。

 「A:(にやっと笑って突然Bにキスをした)」

 下線部分が重要。
 こうやって書かれてると、Bはたとえ嫌がってても、キスをされたことになってしまいます。相手の行動に対する拒否権、というより選択の余地が一切ありません。
 こういうパターンは結構トラブルになったり、精神的にイラッときたりします。

 一方、↓のような表現だった場合。

 「A:(にやっと笑って突然Bにキスを迫った

 これだとBはキスを拒否するとか、また拒否が遅れてキスされてしまったとか、あるいは喜んで受けたとかいろいろと行動を連想し、選ぶことができます。
 これだったらまあ、Bの人は精神的にはかなりラクになるんじゃないかなあと。

 ただ僕もPBCから随分離れて、昔のA&Cキャラチャスタイルに戻ってしまってるような気がするので、↑をどこまで守れているかはちょっとつかめてません(苦笑)




 もっとも、何が駄目で何がいいのかは、行動の内容にもよるかなとも思いまして。
 例えば「頭を撫でる」「優しく抱く」とかだったら、多分される側は悪い気しないでしょうし。
 あくまでも不利益や不快感を被る行動を強制する、というところが確定ロールの問題点なわけで(←最大の禁じ手ともされているらしいです)
 でも「煙草の煙を相手に吹き付ける」など、不利益を被せてはいるものの行動としては問題ないものもあったりします(相手は嫌がるでしょうが、もともと拒否できないタイプの行動だし)
 そのへんはまあ、ひとりひとりの常識に任せるしかない、といったところでしょうか。



 とまあこんなところで、湿っぽくなってしまいましたが。
 チャットするなら楽しい気分でやりたいもので、そのための心がけの1つというか、そんな感じで。
 なんかこういうこと語るとどうも自分が偉そうに思えてくるのが嫌で周りに土下座したくなりますが
 長文&微妙に内輪向けなお話で、失礼しました。

 あーしたーはにーちよーうび、やーすーみーぃ。はう。 
PR
COMMENT
NAME
MAIL
URL
COMMENT
PASS secret
TRACKBACK
TB URL
ブログ内検索
プロフィール
HN:竹田こうと(Sai)
年齢:35
性別:男性
誕生日:1982/12/08
自己紹介:
 メインジャンルは現代小説。他、面白そうなものにはわりとなんでも手を出してみる人。そのため特定の好みというのはあるようで上手く説明できない人。
 その日暮らしでも楽しくまったり生きることを夢見る人。
 詳しいプロフィールはコチラ
 最近はmixiをよく巡り回ってます。
Template by 小龍的徒話
JavaScript by Customize in Ninja Blog
忍者ブログ / [PR]