忍者ブログ
日常のことをつらつらと。眠くなりそうななんでもないことをつらつらと。
72 71 70 69 51 68 67 66 65 64 63
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 というわけで東京にやってまいりましたです。
 旅行としては2度目。その一日目。
 まあ、先に印象だけ伝えると――すごい日デシタ。

 なんせ、面子がね。
 僕にとってはとてもとてもとーてーもー恐れ多い人たちばかりデシタヨ。
 というわけでご紹介。

 ゆーきさん
 ねこK・Tさん
 空也さん
 (以上、通称「関東カシマシーズ」の3人)(※きあらさん除く)
 遅れて、みもんさん
 そして僕、の計5人。

 みもんさんが1年ぶりで、その他は初対面。
 ということで最初はけっこう緊張しておりました。

 とりあえず指定どおりの格好をして人を待っていたわけでありまして。
 そしたら最初に声をかけてきたのはゆーきさん。グラサンは怖かったそうです。
 で、その後にねこさん、空也さんの順に集まってきまして、抱き合うカシマシーズ、当初からの予想通り放置される俺。(マテ)

 そんなこんなで軽い自己紹介を交わしてから、向かったのはルピシア。
 カシマシーズがよくいく紅茶専門店ということで、実は日記に書かれるたびに気になっていたりしたのです、が――まさか家具屋の中にあるとは思わなかった。(カルチャーショックその1)
 で、とにもかくにもこうして本格的な紅茶というのに接するのは初めてで、しかも母の日の日付が記されていたので、じゃあ母への土産に何か買おうかなと思って、アフタヌーンティーとローズヒップティーをチョイス。
 しかしこのうちローズヒップのほうは後で自分でも頼んだんですが――ナンテコトダorzな結果に(ぁ 結構味のクセが強かったので、母ちゃん全部飲めるかなぁと少々不安になったりしたのでした。

 で、そのルピシアでゆったり紅茶を飲みながら、カシマシーズはのっけから激しくトーク。とは言っても思ってたよりはところどころで僕も話に入ってました、が――なんせものすごく早口なもので、合わせようとしたら噛み噛みでしたとも!(爆)
 そうやってトークが盛り上がるうちに、みもんさんのほうからゆーきさんに連絡が入る。途中からですがどうやら合流できそうとのことで――しばらくしてから本人の姿が――黒いジャケットに身を包み、アレ、1年前よりシュッとしてるぞこの人、という印象を受けました。(ぁ
 そしてトークは続く。やっぱりこういうオフでこの席の場合、それぞれ自分の作品を中心に話がなされていったりしますけども――こういう観点で見るとこの場に限らず、勢いが凄かったのは空也さんとゆーきさんでありました。お互いに紫弦と歌姫のかなりディープなところまで普段から話してるっぽく。傍らで聞いてるだけでもすげえとか思ったり先行きの不安さから寒気に見舞われたりまーこの人たちは話作りこんでるなあ、と思ったりしました。
 あとは空也さん神速執筆説というのが全員で一致を見ましたネ(ぁ 前々から思ってはいましたが、今回、具体的な枚数および日数を聞いて、とても真似デキナイヨと実感しましたもの!



 で、続いてはカラオケ。
 結構混んでる感じでしたが、事前に予約していたおかげでスルリと入れました。
 で、中に入ったら――カラオケ半分、やっぱりトーク半分。部屋でもカシマシーズはマシンガントークデスヨ。
 実は本屋に寄り道してて、それぞれ欲しい本というのを買っていたりしてて、それの見せ合いだったり。BL大丈夫ですかって何回か訊かれたよ俺。連想させるものが筋肉じゃなければ大丈夫ダヨと答えてはおきましたが
 また、ゆーきさんの誕生日が翌日だったということで、ねこさんと空也さんはプレゼントを用意されていました。僕はプレゼントというわけではなかったですが、お土産の神戸ラングドシャを渡しました。もうちょっとまともなもん用意したかった

 歌はというと――実はオフの前に、カシマシーズの3人の間では「Sound Horizon」というグループが流行っているということで、聴きたいと僕は言いました。
 そして当日に予告されたのが「堕ちていく歌だ」と。実際ホントにそういう傾向の歌ばっかりで、挙句の果てにみもんさんに毎回「今度はいつ死ぬの?」と突っ込まれる始末。しかも最後のほうはサウホラ以外でもそんなツッコミが飛ぶし。うん、こういうノリは大好きだ。(笑)
 で、そのサウホラを大体聴いてみると、「幻想的な退廃」というイメージが膨らんできたので、逆に「現実の退廃」をテーマに僕は選曲してました――ていうか、ここでこのカラオケ店は恐ろしいと思ったんです。

 まさかal.ni.coの曲をアルバムまで押さえてるとは。

 見つけた瞬間迷わず「G」を入れて歌ってたり――みもんさんにも言われましたが、「自意識的汚生物」という作品のタイトルはこの歌から拾ってきたんです。
 歌詞の「自意識的生物」という言葉がすごく響いたので。
 ただ、今はこの歌の入ったアルバム、廃盤になっちゃってて、アマゾンで中古でしか売ってないので、クレジットカードがないと入手不可能くさいですorz

 他にもミスチルやエレカシから現実社会への風刺っぽい歌を選んでは歌ったりしてました。うん、退廃的な歌は好きですけど、それが現実社会にも反映されるような内容ならもっと好きです。(そんな)

 あとサウホラ以外で聴いていて惚れたのは、みもんさんと空也さんの攻殻デュオ。高温と低音がいい感じにハマっていてすごい素敵。他の人も一度は聴くべき。(そこまで)
 ていうか空也さんもゆーきさんもねこさんも、歌声が僕からすればほとんど 裏 声 のような感じで、なんかうらやましかったです――僕は逆にものっすごい低いと言われましたが(笑)



 そんなこんなで3時間が経ち、カラオケを終えまして。
 この後どうしようという話になり。僕は全く決めていませんでした(ぁ
 最終的には、カシマシーズがよく行くという居酒屋のほうでご飯にしようーということになりました。ちなみに有名居酒屋チェーンです(何)
 最初、空也さんにアイルちゃんみたいな青いお酒を、ねこさんにオーチェさんみたいな紅いお酒を飲んでーというリクエストがあったりして、実行に移されてました(笑)(これでゆーきさんが黄色いお酒飲んでたらそろってたのに)(――酒じゃなくてジュースでしたっけ?)(うろ覚えorz)
 そんな風に注文しつつ、ここでトークのテンションは最高潮に。もう喋るわ喋るわ――特に僕は紫弦の話に激しく反応しました。あまりにアレな反応すぎて、自分の手足に糸がついてるんちゃうかと疑ってみたり(ぁ
 先行きがどうなるのか、彼や彼女についてはどうなのか、などと思いっきりネタバレっぽいことばかり聞いてしまいまして。とりあえず旅行から帰ったら0章の読み直しに着手しようと思います(宣言)(ぁ



 そうこうしているうちに居酒屋でもタイムリミットが来てしまいまして。
 その後は池袋駅で解散という流れになりました。
 いつものことですが寂しかったデス(苦笑)
 でも面白い話盛りだくさんだったので、またの機会に聞けたらと思います。
 ……今度はいつ東京に行こうかなぁ……(早)




 最後、ひとりひとりにご挨拶を。

ゆーきさん
 予定立てるにあたって、いろいろアドバイスありがとうございます(ぺこり)
 そしてカシマシーズを牽引しているような感じが面白楽しかったです(笑)
 ありがとうございました――そして改めてこの場でもう一度。
 お誕生日おめでとうございますー! 良い一年になりますように。
 まずは良い就職先を見つけられることをお祈りします。

ねこさん
 ゆーきさんが牽引役なら、ねこさんは和ませ役でしたね(笑)
 柔らかい雰囲気のおかげでこっちもわりとふにゃふにゃに(ぁ
 お仕事お忙しそうですが、体調にはお気をつけて。
 見ていると去年の僕をすごく思い出してしまうのはマジ話です(ぇ

空也さん
 高貴な雰囲気でカシマシーズを象徴されておりましたネ。(マテ)
 喋る時もゆーきさんと並んでものすごいマシンガントーク。さすが夫婦。(ぁ
 あなたもまた学業忙しそうで。むしろもうちょっと休んでくださいと言いたいところですが頑張ってください。
 そしてアイルちゃん=空也さんという図式はよーーーーーーくわかりました(しみじみ)
 そして僕はたとえ無様な操り人形であろうともあなたについてゆきます!
 (↑操り人形という表現が気に入ったらしい彩羽)

みもんさん
 唯一初対面でなかった人。君には実は結構救われたヨ。(何)
 君がいなかったらハーレム状態で、本当に緊張で倒れる可能性もなきにしもあらず。
 (どこの純情少年だお前)
 しかし1年前はあんなにシュッとしてたっけ……うん、カコヨス。(何)
 君は君で忙しそうだが、体調には気をつけてクレ……。



 久々に初心者気分のオフ会でした。
 結果としては雰囲気にめろめろになりながら楽しませていただきました(笑)
 また機会ありましたらぜひ、そして今回はどうもありがとうございました!



 以上、月葵さん宅からレポをお送りしました(ぁ
PR
COMMENT
NAME
MAIL
URL
COMMENT
PASS secret
ブログを拝読しては羨ましさに地団太踏んでしまいました(笑)今回はご一緒出来なくて残念でしたが、次に東京に来られた時には是非にも遊んで下さいませー!
2006/05/06 20:51 きあら EDIT
地団太踏んでる場合じゃナイデスヨ、のつっこみはいらんとですか(何)
次。実は2ヶ月以内を画策しておりますデスヨ(今ぶっちゃけてしまう人)

ということで、もちろん望むところです!
次はぜひともご一緒にー。きあらさんがもう大丈夫になるころを見計らって襲撃いきます!(笑)
コメントありがとうございましたー。(ぺこり)
2006/05/07 23:15 彩羽こうと EDIT
TRACKBACK
TB URL
ブログ内検索
プロフィール
HN:竹田こうと(Sai)
年齢:34
性別:男性
誕生日:1982/12/08
自己紹介:
 メインジャンルは現代小説。他、面白そうなものにはわりとなんでも手を出してみる人。そのため特定の好みというのはあるようで上手く説明できない人。
 その日暮らしでも楽しくまったり生きることを夢見る人。
 詳しいプロフィールはコチラ
 最近はmixiをよく巡り回ってます。
Template by 小龍的徒話
JavaScript by Customize in Ninja Blog
忍者ブログ / [PR]