忍者ブログ
日常のことをつらつらと。眠くなりそうななんでもないことをつらつらと。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Requiem for the boy of nomad
Requiem for the boy of nomad

『9.カメラ向こうの彼』(1)をUP。



 実はUP直前までは違うタイトルでしたが、しっくりこなくて。
 でもって正式なものになった↑のタイトルも、自分ではなんだかビミョーだなーとか思っちゃってたりします(何)。でもあえて『カメラの向こうの彼』ではなく『カメラ向こうの彼』。(「の」を1コ抜いてます) でもってカタカナ表記にしようかなとも思いましたが、結局普通表記にしてます。
 正式にUPした以上、ここから変更するつもりはないですが、まあ、話自体はいいカンジでもタイトルつけるのに悩みました、という話。

 で、前回に引き続きの2話構成で、今回は1話目です。
 基本的に一人称で、第6話以降はその時その時に応じて語り手担当を変えたりしているこの話ですが、今回の話には語り手がいません(=地の文がありません)。喋りが多かったので、いっそのことと思って排除してしまいました。
 こういう書き方だと誰がどう喋ってるかをわからなくさせてしまいそうですが、そこが一番の工夫の凝らしどころだなと思って、台詞回しでそれぞれの発言者が誰かというのを特定できるようにするのにかなり力を入れました。ただし、やりすぎて説明的になるのも嫌なので、そこは上手くバランスを取って――発言者がわかりやすくて、かつ自然な流れとして成立しているように読めれば、この話は成功だと思います。
 ていうか会話文だけで話を作るというのは何回かやったことがあって、好きなんですよネ(笑)。

 と、そして一言フォーム兼読んだよボタン。
 今回は3通いただきました。1通だけでも嬉しいのに、複数来るとうわぁぁぁあああぁぁですよホント、ありがとうございます。ここまで来ると、最後には一体どれだけの数になっているのやらと数えたくもなります。何せ、読んだよボタンを設置したのは今回が初めてなんで。(笑)



 あぁ、あともうひとつ。
 リンクページを更新しました。『wagenspur(risyuさん)』です。
 が、トップにもあるように、←とはリンク先が微妙に違います――再び小説サイトを立ち上げられたそうなので、堂々とリンクページの小説カテゴリに入れたわけであります(笑)。
 あぁでも、小説カテゴリのほうの管理人名は、里見羅亜(さとみらいあ)さんって書いたほうがいいかナァ……僕はもうりーさん呼びのほうがなじんじゃってますが。
 そういえば、wagenspurという単語はもう何も見なくてもタイピングできるようになりましたという余談があったりなかったり。(何)
PR
COMMENT
NAME
MAIL
URL
COMMENT
PASS secret
よく覚えましたねぇ、ウチのサイト名w
ちなみに管理人名はrisyuでいいっすよ!
今後、里見で活動することはないはずなので~
最後に、リンクありがとです。
2007/08/30 14:12 risyu EDIT
いやあ、ブログだけだったころにどっちにリンク置こうかなっていろいろ考える際に、
何回かタイピング繰り返してて、それで覚えてしまったというかw

しかし小説絡みだから羅亜さんにしたかったり、
りしゅって読みでも漢字にしたかったりとか!(待て)
いろいろ考えましたが結局こういう形に落ち着いたとです。

ということで。
ご活動、ひっそりと楽しみにしております~
2007/08/30 18:56 竹田 EDIT
TRACKBACK
TB URL
ブログ内検索
プロフィール
HN:竹田こうと(Sai)
年齢:34
性別:男性
誕生日:1982/12/08
自己紹介:
 メインジャンルは現代小説。他、面白そうなものにはわりとなんでも手を出してみる人。そのため特定の好みというのはあるようで上手く説明できない人。
 その日暮らしでも楽しくまったり生きることを夢見る人。
 詳しいプロフィールはコチラ
 最近はmixiをよく巡り回ってます。
Template by 小龍的徒話
JavaScript by Customize in Ninja Blog
忍者ブログ / [PR]