忍者ブログ
日常のことをつらつらと。眠くなりそうななんでもないことをつらつらと。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Requiem for the boy of nomad
Requiem for the boy of nomad

『4.Singin' see-tell kidai no performer touch』(2)をUP。
ここまでのDL版を追加、作中補足更新。



 話の数で分けていくに、ここが第一ポイントというあたり。
 で、ようやくDL版公開ということで、作品としての体裁が整ってきたかなと思います。
 更新履歴には書いてませんが、カオパラとノベルウッドにも登録してきました。
 小説検索エンジンは他にもいくつか知ってるんですが、とりあえずこの2箇所に留めておくことに。

 で、作中補足について。
 この話のタイトルがほとんどそのまんまなことをバラしてしまいました(ぁ
 10年近く前で、しかも売れてもいなかったためものすごいマイナーだと思いますが、『レクイエム』って言葉を使ってる割に軽いノリの歌だったので、今年入手して結構な回数聴いてます。
 ちなみにMOON CHILDというバンド自体は知ってる人いるんじゃないかなーと思います――『ESCAPE』って曲が日テレのドラマ『FIVE』の主題歌に起用されて大ヒットし、それ一発で消えてしまった人々です。でも僕はそのブレイク曲よりもそのあとのシングル曲、特にこの『Requiem for the man of nomad』が一番好きだったり。
 聴いてるだけだと何言ってるかわかんない難解な歌い方してますが、なんかそこがクセになってます。でもカラオケだとそれとは別に知名度の問題で歌いにくいなあと思ってしまいますが(そんな)
 まあ、今でもベスト盤ならCD屋にはあると思いますんで、機会があったらレンタルでもして耳を傾けてみてもらえると、作者としてはちょっと嬉しいです。
PR
COMMENT
NAME
MAIL
URL
COMMENT
PASS secret
TRACKBACK
TB URL
ブログ内検索
プロフィール
HN:竹田こうと(Sai)
年齢:34
性別:男性
誕生日:1982/12/08
自己紹介:
 メインジャンルは現代小説。他、面白そうなものにはわりとなんでも手を出してみる人。そのため特定の好みというのはあるようで上手く説明できない人。
 その日暮らしでも楽しくまったり生きることを夢見る人。
 詳しいプロフィールはコチラ
 最近はmixiをよく巡り回ってます。
Template by 小龍的徒話
JavaScript by Customize in Ninja Blog
忍者ブログ / [PR]