忍者ブログ
日常のことをつらつらと。眠くなりそうななんでもないことをつらつらと。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 只今午前2時半。
 先程まで某所のほうにおりましたが、ウチの子が他の人をほぼ全員怒らせて(或いはイラッとさせて)帰っていきました……さすがにこればっかりは、裏としては非常に申し訳なく思っております。

 正直、どういう風に動かすか迷ったのです。
 本音に近いのは今回の形ですが、事を荒立てないようにする方向も考えてはいて……悩んだ挙句に入れてみたら、嫌な意味であまりにも想定どおりの前者の結果になってしまいました。
 本人が宣言してしまったこともあり、当分は漂は入れないつもりです。(ただ、イコールチャット自粛というわけではなく、他の子が出張ることになるでしょうが)

 なんでこうなったのか――根本は漂が変な思い詰め方をしたからですが。
 そういう思い詰め方をした原因は何か、ということについて。反省文を書くつもりで、考察してみようと思ってます。

 思い詰めたというか、他の人の苦しみに過剰反応したというか。
 悪い癖、なんでしょうねえ。奴は誰かが苦しそうな様子を見た時に、ただただそれを取り除こうとすることばかり考えて、まったく他のことが見えてないように感じました。要するに視野狭窄。
 しかも今回の場合、自分が苦しみを与えてると思ったらひたすら自分ばかり責めてて、実はその様子こそがうっとうしいことに気づいて――たぶん気づいてたけど、じゃあどうすべきかっていうところで、間違ったことを頑なに信じ込んでたような。
 いかんせん、「苦しみは取り除くもの」っていうことを大前提にしてしまって、それ以外を考えてないのがもろに出たなあ……と。背負う、和らげる、乗り越えるという方法もあったはずだし、取り除くにしても全然別の方法があっただろうし(実はその「別の方法」は去ったあとで知った)。

 で。
 視野狭窄に陥ってるからか、自分の目の前がどういう風に見えてるかというのばかり気にして、逆に自分がどういう風に見られてるかというのにまったく気が行ってなかったような。
 周りの人からも厳しい指摘をたくさん頂きましたが、はっきり言って全部正論だったので言い返すのが難しかったです……やっとのことで出た言葉は感情的なものばかり、しまいには見苦しい逆切れ。

 苦しむ理由は「相手が苦しそうに見える」からではあるものの、結局それで自分が苦しいのが嫌だから――その「苦しそうに見える」のも、結局は偏った見方でしかなかった。
 そんな偏ったものの見方で、暴力的な善意でもって手を伸ばすから、ろくなことにならないのだと。自分が傷ついて、周りにもしこりを残してしまうのだと――そのことには、きっと奴は未だに気づいていないような気がします。

 裏としては反省ものなのですが、それが漂本人に反映されるのはいつになることやら。当分、17歳バージョンには頭を冷やしてもらうことになりそうです。



 重ねて、お詫び申し上げます。
 居合わせた方々、不快な思いをさせてすいませんでした。
PR
COMMENT
NAME
MAIL
URL
COMMENT
PASS secret
TRACKBACK
TB URL
ブログ内検索
プロフィール
HN:竹田こうと(Sai)
年齢:34
性別:男性
誕生日:1982/12/08
自己紹介:
 メインジャンルは現代小説。他、面白そうなものにはわりとなんでも手を出してみる人。そのため特定の好みというのはあるようで上手く説明できない人。
 その日暮らしでも楽しくまったり生きることを夢見る人。
 詳しいプロフィールはコチラ
 最近はmixiをよく巡り回ってます。
Template by 小龍的徒話
JavaScript by Customize in Ninja Blog
忍者ブログ / [PR]